福岡のオフィス向け貸事務所(オフィス)やオフィスビル、飲食店や物販店舗向けテナント物件を多数紹介

お問い合わせ

テナント福岡 トップページ > テナントインタビュー > 那珂川道善コスモス保育園

那珂川道善コスモス保育園

子供たちの笑顔が集まる場所

Tenant Interview

那珂川道善コスモス保育園(筑紫郡那珂川町)

Global Kidsを理念とし、“褒める保育・伸ばす保育”を方針に福岡市近郊に11園、そして待機児童問題に積極的に取り組む横浜にも1園を営まれる社会福祉法人聖会(ひじりかい)様が、人口が増えつつある那珂川町道善に保育園を開設されました。その那珂川道善コスモス保育園園長の日野先生にお話をお伺いしました。

私たちが初めて聖会様とお会いした当時は、この保育園のある場所は稲田でした。そしてこの場所の借地契約を仲介させていただきました。聖会様はその後、建物を建てられ、保育園を開園されたのです。この日は開園して初めての訪問です。職員室で園長先生にお話を伺った後、約100名の子供たちが一緒に生活をするオープンルームと呼ばれる場所を見せていただきました。訪問した時がちょうどお昼の時間帯だったので、多くの園児たちが給食を食べていました。しかし、まだごはんに目を向けていない園児もいます。というのも、コスモス保育園では、お昼の時間を長めに設けていて、その時間内で食べたい時に食べるというシステムだそうです。これは、“自主性・自発性”を育むために、自分で考える力、つまり生きる力を伸ばす為の教育の一環であるとのこと。驚いたことに、その日の食べたい量までも、自分で決めるのです。事前に園長先生からその話は伺っていて、その理由も納得をしていたのですが、本当に日常的なその光景を見てしまうと、目からうろこが落ちる思いを体感します。

保育園長
               園長の日野先生

目の前には、その日の昼食について先生と「どのくらい食べる?たくさん?」とジェスチャーを交えながらに、自分の感覚と向き合っている小さな園児がいます。他の園児に目を向けると、給食が乗ったトレーを抱え、満面の笑みでどこかの席を目指しています。すると、彼が歩く度にトレーの中にある味噌汁はジャブジャブと体操着にかかってしまうのです。思わず大人としては「あー」と声を出さずにはいられない状況です。けれども先生は、彼の去った後の、床に残る味噌汁だけをそっと拭います。そのシチュエーションを見て初めて、園長先生のおっしゃった教育方針が胸に響いてきます。「子供の可能性は無限大」というフレーズ。子供が成長する可能性は大人の常識では計り知れません。彼のあの満面の笑みの理由は「おいしそう」の表情なのかもしれないし、「お味噌汁たくさんついでもらえてうれしいな」の表情かもしれない、また「自分で決めることができた成長に対する喜びや達成感」なのかもしれないのです。子供だから不器用なのは当然で、今伸ばすべき部分は味噌汁をこぼさない歩き方ではなかったのです。誰もが大人になると経験も増え、子供の行動の先にある失敗が見えてしまって仕方がありません。子供たちはそれを、これからたくさん体験し学ばなければならないのです。その成長を“見守る”こと。それが“保育”というのだそう。


保育園長
給食室の窓を眺め「今日の給食はなんですか?」と
園児たちが興味をもちます。

先生方の保育や教育に対するプロ意識は、もはや仕事の域を超えたものであり、志の高さを知ることができました。また園長先生にお話を伺っていると、子供たちのみならず、職員である保育士の先生方にも気を配ってらっしゃることが伝わってきました。「子供は大人の顔を見て育ちます。従って、先生が笑顔でなければならないのです。楽しく仕事をしてもらいたいのです。この気持ちが子供にも良い影響になりますから。そのために、いかに仕事を簡素化するか!と日々常に考えているんですよ」とのこと。なるほど、園長先生は待機児童の問題、保育士の待遇の問題といった社会が抱える問題と地道に格闘していらっしゃったのです。世間があれやこれやと言い争いをしている最中、園長先生たち聖会の皆さんが進む“一歩”は まさに日本を救う第一歩となっています。この一歩の重みは多大なるものです。


そんな那珂川道善コスモス保育園の開園のお手伝いを私どもにさせていただいたことを、心から誇りに思います。園長先生を始め、職員の皆さん方は、子供たちの笑顔を守るヒーローそのものでした。

園児が触れるあらゆる設備が木でできています。
園児たちの笑顔に感無量です。

株式会社三好不動産 ソリューション事業部 リーシンググループ 平山忠央

画像

職業柄、今まで事務所・店舗を探されるたくさんの方とお会いしてまいりました。不動産会社に勤める一員として、さまざまな業種の方々とオープンに至るまでの経験をご一緒します。その度に、私も色々な職業を体感し、一緒に夢を叶えることができます。そして、今回は聖会様を通じ保育に関わる夢も叶えることができました。その上今日は、子供たちの笑顔を見ることができ、まさに感無量です。保育園の皆さんと出会えて本当に良かったです。そして私は、私と関わる皆様が幸せになれるよう、これからも力を尽くして行こうと、新たに誓いました。

那珂川道善コスモス保育園

画像

【住所】 福岡県筑紫郡那珂川町道善1-45
【TEL】 092-951-3151
【HP】 http://dozen-cosmos.jp/

株式会社 三好不動産 ソリューション事業部はオーナー目線を忘れません

天神西地区はトップブランドがひしめく商業激戦区。東京発の全国ブランドと九州発の伸び盛りブランドが凌ぎを削るからこそ、東京とはひと味違う個性が生まれるのかもしれません。それゆえこのエリアへの出店や生き残っていくのは容易なことではありません。そこで、三好不動産のソリューション事業部は、ビジネス市場や現場に近い距離に立地しながら、活きた情報を収集。そこから見出せる活路をアップデートに、積極的な事業を考えるお客様へと提案していきます。私たちはオーナー目線を忘れません。そして、商業コンサル、デザイン提案からリスクマネジメントまで、皆様の末長い商売繁盛を応援します。

株式会社 三好不動産 ソリューション事業部

電話番号092-716-5000

株式会社 三好不動産 ソリューション事業部

一覧に戻る

九州大学ウエスト1号館

オーナー様インタビュー

物件リクエスト

MINAMI

保証金半額くんプラス

  • テナント物件をお探しの方へ
  • 物件検索
  • 契約・オープンの流れ
  • よくあるご質問
  • 仲介実績
  • テナントインタビュー
  • テナント物件所有のオーナー様へ
  • サービス案内
  • プロパティ・マネジメント業務
  • ビル・マネジメント業務
  • よくあるご質問
  • オーナー様の声
  • テナント誘致事例
  • テナント物件所有のオーナー様へ
  • 医療物件一覧
  • 092-716-5000

会社案内

株式会社 三好不動産

〒810-0001
福岡市中央区天神2丁目14-8 福岡天神センタービル10F
TEL:092-716-5000
FAX:092-716-7001(直通)
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜、祝日


株式会社 三好不動産

  • わずか3坪!駐車場1区画分の超ミニ店舗。L-BOXとは?
  • 福岡大百科×福岡知っとうと?
  • 株式会社 三好不動産
  • 株式会社 ゼウス
  • テナント北九州
  • 日本政策金融公庫
  • スマイルプラザ
  • SME

Copyright©Zeus co,Ltd. All Rights Reserved.